メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

生々しさとユーモアと メディアアーティスト・市原えつこ(30)

 弔いや祭礼といった伝統儀式を現代に引き寄せて解釈し、テクノロジーを用いて作品化する。メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」で入賞し、先月、開催地オーストリア・リンツで海外初の展示を行った。「世界中から集まった同業者は変人ぞろい。向上心をかき立てられました」と笑う。

 受賞作「デジタルシャーマン・プロジェクト」は人型ロボットを使った「新しい弔い」の提案だ。対象者の存命中に声や口癖、仕草を記録し、死後にデータをインストール。家族は死者が“憑依(ひょうい)”したロボットと仏教法要「四十九日」までの間、過ごすことができる。

 実際に対面し、存在感にドキッとした。中年男性の顔が立体的にプリントされたお面を付け「体がないのも結…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文1051文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです