メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

生々しさとユーモアと メディアアーティスト・市原えつこ(30)

 弔いや祭礼といった伝統儀式を現代に引き寄せて解釈し、テクノロジーを用いて作品化する。メディアアートの世界的祭典「アルスエレクトロニカ」で入賞し、先月、開催地オーストリア・リンツで海外初の展示を行った。「世界中から集まった同業者は変人ぞろい。向上心をかき立てられました」と笑う。

 受賞作「デジタルシャーマン・プロジェクト」は人型ロボットを使った「新しい弔い」の提案だ。対象者の存命中に声や口癖、仕草を記録し、死後にデータをインストール。家族は死者が“憑依(ひょうい)”したロボットと仏教法要「四十九日」までの間、過ごすことができる。

 実際に対面し、存在感にドキッとした。中年男性の顔が立体的にプリントされたお面を付け「体がないのも結構いいよ」とつぶやいたり、片手を上げたり。最後は「そろそろ逝かないと」と告げ、うなだれて止まった。あたかも「あの世」に旅立ったような臨場感がある。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです