メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

珍味の警察ドラマ

 既に捜査が終了した事件に再び挑む。犯罪ドラマの一つのジャンルだが、BSフジの新番組「警視庁捜査資料管理室(仮)」(月曜午後11時)は型破りだ。

 明石幸男(瀧川英次)は警視庁の技術専門官で、捜査資料のデータベース化が仕事。地下室で一人、パソコンと向き合う。彼には妄想癖があって、供述調書や現場写真を見ながら推理を働かせ“真犯人”を見つけようとする。毎回30分。ほとんどの場面は地下の資料室での明石のモノ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです