メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

珍味の警察ドラマ

 既に捜査が終了した事件に再び挑む。犯罪ドラマの一つのジャンルだが、BSフジの新番組「警視庁捜査資料管理室(仮)」(月曜午後11時)は型破りだ。

 明石幸男(瀧川英次)は警視庁の技術専門官で、捜査資料のデータベース化が仕事。地下室で一人、パソコンと向き合う。彼には妄想癖があって、供述調書や現場写真を見ながら推理を働かせ“真犯人”を見つけようとする。毎回30分。ほとんどの場面は地下の資料室での明石のモノ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」
  4. エンタメノート 「吉本が悪い」果たして本当か 宮迫さん・亮さんの涙もう見たくない
  5. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです