メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

プレミアリーグ 篠原が決勝へ 男子組手67キロ級

 今季最終戦となる東京大会が12日、東京武道館で開幕し、男女の組手5階級などの準決勝までが行われた。男子組手は67キロ級で2014年の仁川アジア大会優勝の篠原浩人(マルホウ)が決勝に進出。女子組手も50キロ級で16年世界選手権準優勝の宮原美穂(帝京大)が決勝に進んだ。

 女子形は世界選手権2連覇の清水希容(ミキハウス)が勝ち上がり、決勝で世界ランキング1位のサンドラ・サンチェス(スペイン)と対戦する。13日は残りの種目の準決勝までがあり、14日に全種目の決勝が行われる。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです