メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 車いすテニス単 国枝・上地V 「東京」へ初内定 王者、けが乗り越え

男子シングルスで優勝を決め、喜ぶ国枝慎吾=インドネシア・ジャカルタで2018年10月12日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第7日は12日、車いすテニスの男女シングルス決勝があり、女子は世界ランキング2位の上地結衣(24)=エイベックス=が初優勝し、2020年東京パラリンピックの出場権を獲得した。上地は五輪を含む20年東京大会で個人種目の日本代表第1号に内定。続いて行われた男子でも同1位の国枝慎吾(34)=ユニクロ=が優勝し、東京大会への切符を手にした。国枝は5大会連続、上地は3大会連続のパラリンピック出場となる。

 2年前、一度は引退を考えた国枝は「東京(パラリンピック)だからこそ、出場する」としみじみ語った。4…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです