メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴虐の傷痕

イラク・IS後 避難民キャンプ報告 希望の明かり探して

 <2018世界子ども救援キャンペーン>

 イラク戦争後の不安定な状況に乗じ、勢力を拡大させていった過激派組織「イスラム国」(IS)は、殺人や拉致などの残虐行為を繰り返し、人々を恐怖に陥れた。イラク軍などとの激しい戦闘では多くの民間人の命が奪われた。一時300万人超が家を追われ、今も約189万人が避難生活を送る。イラク政府の「勝利」宣言から半年以上経過した今年8月、現地に入った。そこには、心や体に刻まれた「傷痕」を抱えながら、懸命に生きる子どもや家族の姿があった。【文・千脇康平、写真・木葉健二】

この記事は有料記事です。

残り3364文字(全文3613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです