メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴虐の傷痕

イラク・IS後 憎しみの連鎖、断つ時 03年からイラク支援、高遠菜穂子さん

高遠菜穂子さん=千葉県成田市で、根岸基弘撮影

 <2018世界子ども救援キャンペーン>

 2003年からイラクで人道支援を続けるフリーランスのエイドワーカー、高遠菜穂子さんに、恐怖の中で生きる子どもたちの現状と今後の課題を聞いた。【聞き手・千脇康平】

 ISからモスルを奪還する軍事作戦が行われていた17年2月ごろ、モスルからクルド自治区を経てヨルダンに逃げていたイラク人の友人を訪ねた。彼女が「モスルか自治区内に戻るかも」と言うと18歳の娘が突然、泣き叫んだ。「私はここを離れない、ISがいないってなぜ言えるの!」。いつも明るい子だったので驚いた。

 モスルから自治区側へ逃げようとした時、境界が封鎖され2、3日野宿を強いられた。結局、父はモスルから出られず、友人も乳飲み子を抱えて疲れ果てていた。娘は「私がしっかりしなきゃ」と張り詰めていたと思う。ISが去った今も、トラウマの記憶は生々しく、過激派の再来と爆発事件などが起きることを、誰もが恐れている。

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです