メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州電力

太陽光の出力制御を開始 晴天続き14日も検討

 九州電力は13日、太陽光発電の事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を始めた。離島での先例はあるが、広域実施は全国初。この日は九州の幅広い地域で晴天となり太陽光発電が増える一方、土曜日のため事業用の需要は少なく、過ごしやすい気候のため冷暖房需要も伸びない見通し。電力が余って需給バランスが崩れ、大規模停電(ブラックアウト)となる事態を避ける。

 対象は熊本を除く九州6県43万キロワット分の事業用の太陽光で、九電の送電網と接続契約を結ぶ9759…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文703文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです