メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ

知的障害選手に若い力台頭「スターを」

女子200メートル自由形(知的障害S14)で優勝し、声援に応える北野=インドネシア・ジャカルタで7日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアパラ大会は13日夜、8日間の日程を終え、ジャカルタ市内のブンカルノ競技場で閉会式が行われる。今大会、日本は金メダル41個を含む計179個のメダルを獲得(12日現在)し、いずれも前回大会を上回った。知的障害の若手選手もメダル獲得に貢献しており、関係者は「2020年東京パラリンピックに向け、育成を進めたい」としている。

 今大会の日本選手団304人のうち38人が知的障害の選手で、競泳や陸上、卓球に出場した。競泳では北野…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです