メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民投票法

CM規制巡り与野党対立 改憲論議の火種に

 憲法改正の国民投票で改憲案への賛否を呼びかけるテレビCM規制を巡り、与野党が対立している。自民党は規制強化に消極的だが、立憲民主党などは法改正の検討を含めて規制強化を要求。安倍晋三首相は24日召集の臨時国会で改憲論議の加速を目指すが、それに先立つCM規制を巡る論議が新たな火種になりそうだ。

 「公平なルールを確立して国民の健全な意見が醸成されるのが非常に重要なポイントだ」。公平なCM放映のルールを議論する超党派議員連盟の船田元会長(自民)は12日、国会内で開いた日本民間放送連盟との意見交換会であいさつし、業界側の自主的なルール作りに期待感を示した。

 自民党は臨時国会で、先の通常国会から積み残しとなっている国民投票法改正案を速やかに成立させ、改憲論…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文891文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです