メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤマト

空飛ぶトラック開発へ提携 無人で配送

 宅配便最大手のヤマトホールディングスは12日、荷物を運ぶ無人輸送機を米国の「ベル・ヘリコプター」と共同で開発すると発表した。自動運転技術などを進化させた新しい乗り物「空飛ぶ車」のトラック版となり、2020年代半ばまでの実用化を目指す。効率の良い次世代の配送網を確立し、収益を拡大する狙いという。

 ドローン(小型無人機)を使った商品配送を手掛ける企業もあり、空中利用が本格化しそうだ。

 ヤマトとベルが試験飛行で使う予定の機体は横幅が約2.5メートル、四つのプロペラで飛行する。ヘリコプ…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文533文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです