イオン

フジと資本・業務提携 四国などでスーパー展開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
資本・業務提携を発表したイオンの岡田元也社長(左)とフジの尾崎英雄会長=東京都千代田区内幸町1で2018年10月12日、藤渕志保撮影
資本・業務提携を発表したイオンの岡田元也社長(左)とフジの尾崎英雄会長=東京都千代田区内幸町1で2018年10月12日、藤渕志保撮影

 イオンは12日、四国と広島、山口県でスーパー96店舗を展開するフジと資本・業務提携すると発表した。2019年2月末をめどにフジの株式を最大15%取得する。取得額は約130億円となる見込み。イオンは全国の食品スーパー事業を再編する方針を10日に発表しており、フジと手を結ぶことで同地域の地盤を強化するねらいだ。

 イオンがフジの株式を取得した後、19年3月以降にはフジがイオン子会社のマックスバリュ西日本の株を取得する予定だ。イオンとフジの間で資本関係を強化することで、物流や商品開発での協業を進める。取得株数は今後協議する。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文672文字)

あわせて読みたい

注目の特集