九州電力

太陽光の出力制御、13日実施 6県9759件

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
太陽光の出力制御について説明する九電の和仁寛・系統運用部長=福岡市で2018年10月12日、浅川大樹撮影
太陽光の出力制御について説明する九電の和仁寛・系統運用部長=福岡市で2018年10月12日、浅川大樹撮影

  九州電力は12日、太陽光発電の事業者に一時的な発電停止を求める「出力制御」を13日午前9時~午後4時に実施すると発表した。実施は離島を除き全国初で、北部九州を中心に6県43万キロワット分の太陽光(九電の送電網との接続契約数で9759件)が発電を停止する見込み。原発4基の再稼働や太陽光の導入拡大で、九州は昼間の電力が供給過剰気味になっており、需給バランスが保てず大規模停電(ブラックアウト)に陥るのを防ぐ。今後は対象事業者の選定の公平性などが求められそうだ。【浅川大樹、袴田貴行】

 出力制御の対象は家庭用を除く太陽光約2万4000件と風力約60件だが、今回は風力は含まれない。9759件の大半は福岡、佐賀、長崎、大分の4県で、鹿児島と宮崎両県も一部含まれる。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文997文字)

あわせて読みたい

ニュース特集