メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国際観艦式

全7カ国 韓国軍通知に従わず 軍艦旗を掲揚

 韓国で11日開かれた国際観艦式で、韓国軍が事前に「自国旗と韓国旗以外は掲揚しない」と通知していたにもかかわらず、国旗と軍艦旗が異なる全7カ国が軍艦旗を掲揚していたことが12日、日本政府の調査で分かった。海上自衛隊は「自衛艦旗を掲げないことが法令違反にあたる」として護衛艦派遣をとりやめていた。主催者の韓国軍も通知に反して別の旗を掲げていたため、外務省は12日、韓国政府に抗議した。

     外務省によると、国旗と軍艦旗が同じ米国などを除く7カ国が軍艦旗を掲げた。韓国軍艦は16世紀末に豊臣秀吉の朝鮮出兵軍を破った李舜臣(イ・スンシン)将軍の旗を掲揚した。インドやカナダは事前に韓国のルールに従う意向を示していたが、本番では軍艦旗を掲げており、韓国側の了承を得ていたとみられる。

     通知については、韓国政府が自衛艦旗である旭日旗の掲揚に対する世論の反発を恐れ、日本を狙い撃ちにしようと出したものだとの見方がある。日本外務省幹部は「主催国が自らの方針に反したのは残念だ」と語った。【秋山信一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
    2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    3. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
    4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
    5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです