メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者失踪

現場トルコと食い違う主張

サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が消息を絶った場所とされるトルコのサウジ総領事館=イスタンブールで2018年10月10日、ロイター

 【カイロ篠田航一、エルサレム高橋宗男】サウジアラビア政府への批判を続けてきたサウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコの最大都市イスタンブールのサウジ総領事館で2日に消息を絶ってから10日が経過した。トルコ当局はカショギ氏が殺害されたとみる一方、サウジ側は総領事館を立ち去ったと主張。トルコの大統領報道官は11日、サウジとの合同捜査チームを結成すると明らかにしたが、真相解明につながるかは見通せない。両国関係の悪化は中東情勢の一層の不安定化をもたらす恐れもある。

 カショギ氏は今月2日、新たな結婚に必要な離婚手続きを完了させるために総領事館を訪問。婚約者を外に待たせ建物に入ったまま、出てこなかったとされる。トルコ当局は捜査内容を発表していないが、米紙ワシントン・ポストは、トルコ政府はカショギ氏が殺害されたことを証明する音声と映像記録があることを米当局者に伝えていたと報じた。これらの記録はサウジの治安担当チームが総領事館内でカショギ氏を殺害し、遺体を切断した…

この記事は有料記事です。

残り1069文字(全文1510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです