メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ記者失踪

現場トルコと食い違う主張

サウジアラビア人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が消息を絶った場所とされるトルコのサウジ総領事館=イスタンブールで2018年10月10日、ロイター

 【カイロ篠田航一、エルサレム高橋宗男】サウジアラビア政府への批判を続けてきたサウジ人ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏(59)がトルコの最大都市イスタンブールのサウジ総領事館で2日に消息を絶ってから10日が経過した。トルコ当局はカショギ氏が殺害されたとみる一方、サウジ側は総領事館を立ち去ったと主張。トルコの大統領報道官は11日、サウジとの合同捜査チームを結成すると明らかにしたが、真相解明につながるかは見通せない。両国関係の悪化は中東情勢の一層の不安定化をもたらす恐れもある。

 カショギ氏は今月2日、新たな結婚に必要な離婚手続きを完了させるために総領事館を訪問。婚約者を外に待…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1510文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  5. イチローが開幕スタメン マリナーズ監督が明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです