メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

米国人牧師ブランソン氏釈放、帰国へ 判決は実刑

釈放され、帰国に向けトルコ西部イズミル県の空港に到着したアンドルー・ブランソン牧師(中央)=2018年10月12日、AP

 【エルサレム高橋宗男】トルコ西部イズミル県の裁判所は12日、テロ組織支援の罪などに問われ2016年10月から拘束されてきた米国人牧師、アンドルー・ブランソン氏の釈放を決定した。ブランソン氏は即日釈放された。空路、米国に向かう見通し。トランプ米政権はブランソン氏釈放を求めてきており、悪化していた両国関係が今後、改善に向かう可能性がある。

 ブランソン氏の拘束を巡り、米国は今年8月、トルコから輸入する鉄鋼やアルミニウムの関税を引き上げるな…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです