メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

谷川岳

赤や黄に色づき幻想的に 紅葉が見ごろ

山肌を染める谷川岳周辺、天神山の紅葉=2018年10月12日、本社ヘリから尾籠章裕撮影

 群馬・新潟両県にまたがる谷川岳(標高1977メートル)の周辺で紅葉が見ごろを迎えた。ナナカマドやカエデ、ブナなどが赤や黄に色づき、山肌を幻想的な美しさで覆っている。見ごろは今月下旬ごろまで。

 地元の群馬県みなかみ町観光協会によると、今年は不安定な気候の影響で例年より1週間ほど早い9月下旬ごろから紅葉が始まった。その後、暖かい日が続き色づきが遅れたものの、台風24号通過後の冷え込みで、一気に山の中腹まで進んだ。「谷川岳ロープウエー」を利用すれば、天空から眼下に壮大な紅葉のじゅうたんが楽しめる。【畑広志】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
  3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
  4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです