沖縄小4自殺

豊見城市と同級生保護者ら5人を賠償提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

両親が「いじめ対応怠る」 7800万円求め那覇地裁に

 沖縄県豊見城(とみぐすく)市の市立小4年の男児(当時9歳)が2015年10月にいじめ被害を訴えて自殺した問題で、男児の両親が12日、学校側が適切な対応を怠ったため自殺に至ったなどとして、市と男児をいじめたとされる同級生2人の保護者ら5人を相手取って、約7800万円の損害賠償を求める訴訟を那覇地裁に起こした。

 訴状などによると、男児は同級生からズボンを下ろされたり、筆箱を取られたりするいじめを受けた。15年9月に学校が実施したアンケートで被害を訴えたが、10月9日には腰に巻いたカーディガンを「格好つけるな」と同級生に引っ張られて倒された。男児は12日に自宅で自殺を図り、7日後に亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集