メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

新在留資格 人手不足、外国人で補い

産業界、新制度を歓迎

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案の概要が明らかになった。現在、就労目的の外国人の在留資格は大学教授や弁護士、医師といった「高度な専門人材」に限られており、事実上の「単純労働」も含めた在留資格の新設は大きな政策転換と言える。24日に召集予定の臨時国会での法案審議の行方が注目される。

 外国人労働者は昨年10月末時点で約127万9000人。前年同期より約2割増加しているが、国内の各業…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文989文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです