メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松橋事件

弁護団「生きているうち無罪確定を」

松橋事件の再審決定を受け、記者会見する三角恒弁護士(中央)ら=熊本市中央区で2018年10月12日午後6時40分、徳野仁子撮影

再審開始を告げる最高裁決定に「ようやくここまで」

 33年訴え続けた無実の叫びが再審の重い扉を押し開いた。1985年に熊本県松橋(まつばせ)町(現宇城市)で男性が殺害された「松橋事件」の再審開始を告げる最高裁決定が届いた12日、殺人罪などで懲役13年の刑に服した熊本市の宮田浩喜(こうき)さん(85)を支えてきた弁護士らは「ようやくここまで来た」と感無量の面持ちで語った。しかし、当の宮田さんは認知症が進み、喜びを分かち合うことができない。弁護団は「生きているうちの無罪確定を」と訴える。

 熊本市中央区の県弁護士会館の一室。報道陣を前に三角恒(こう)・主任弁護人は「宮田さんの体調が思わし…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです