メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

マスコット着陸地点は「不思議の国」命名

ドイツとフランスの着陸機「マスコット」が撮影したリュウグウの表面の画像。岩だけで覆われている様子が分かる=ドイツ航空宇宙センター提供

 ドイツ宇宙航空センター(DLR)は12日、DLRとフランス国立宇宙研究センター(CNES)が開発した小型着陸機「マスコット」が小惑星リュウグウで取得した画像やデータについて発表し、リュウグウは多くの岩石だけで覆われ、細かいほこりのような砂がないとみられると発表した。

 マスコットは今月3日、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から分離後、6分かけて小惑星へ落下し、バウンドをして11分かけて静止した。その後、マスコットはリュウグウで想定の約16時間を超える約17時間の探査に成功した。DLRは「この成功は、日仏独3カ国の科学者…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです