メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

マスコット着陸地点は「不思議の国」命名

ドイツとフランスの着陸機「マスコット」が撮影したリュウグウの表面の画像。岩だけで覆われている様子が分かる=ドイツ航空宇宙センター提供

 ドイツ宇宙航空センター(DLR)は12日、DLRとフランス国立宇宙研究センター(CNES)が開発した小型着陸機「マスコット」が小惑星リュウグウで取得した画像やデータについて発表し、リュウグウは多くの岩石だけで覆われ、細かいほこりのような砂がないとみられると発表した。

 マスコットは今月3日、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から分離後、6分かけて小惑星へ落下し、バウンドをして11分かけて静止した。その後、マスコットはリュウグウで想定の約16時間を超える約17時間の探査に成功した。DLRは「この成功は、日仏独3カ国の科学者…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです