メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳幼児の突然死

どう防ぐ 認可外保育施設で後絶たず

生後6カ月の男児が死亡する事故が起きた認可外保育施設「若草ベビールーム」=東京都練馬区で2018年10月3日、土江洋範撮影

 保育施設で子どもが事故死するケースが後を絶たない。今月3日、東京都練馬区の認可外保育施設「若草ベビールーム」=事故により営業休止=で生後6カ月の男児が亡くなった。男児は窒息や乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクがあるとされる「うつぶせ寝」の状態で見つかった。どうすれば事故は防げるのか。【春増翔太、土江洋範、堀井恵里子】

 「待機児童になるよりは認可外でも預かってもらって助かりましたが、こんな事故が起こるなんて」。1年前…

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです