メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

南野のゴールで先制 パナマ戦

【日本-パナマ】前半、ゴールを決める南野(右)=デンカビッグスワンスタジアムで2018年10月12日、宮武祐希撮影

 サッカー日本代表は12日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムでの国際親善試合でパナマと対戦した。

 日本はW杯ロシア大会に出場した原口、槙野らが先発。GK権田が3年ぶりに出場し、19歳の冨安がセンターバックで代表デビューした。日本はボランチ青山の縦パスでパナマ守備陣の裏を再三狙った。前半42分、相手のパスを青山がカット。縦パスを受けた南野が左足で流し込み、日本が先制。1-0で前半を折り返した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本54位、パナマ70位で、対戦は初めて。

日本の先発メンバー

GK:権田修一(鳥栖)

DF:佐々木翔(広島)▽槙野智章(浦和)▽冨安健洋(シントトロイデン)▽室屋成(FC東京)

MF:青山敏弘(広島)▽三竿健斗(鹿島)▽原口元気(ハノーバー)▽伊東純也(柏)▽南野拓実(ザルツブルク)

FW:大迫勇也(ブレーメン)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 芦田淳さん88歳=ファッションデザイナー
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. 米国 デザイナーのケイト・スペードさん死亡 自殺か
  4. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです