メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
車いすテニス

東京パラ内定 国枝5大会連続、上地3大会

男子シングルスでショットを放つ国枝慎吾=インドネシア・ジャカルタで2018年10月12日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第7日は12日、車いすテニスの男女シングルス決勝が行われ、男子で世界ランキング1位の国枝慎吾(34)=ユニクロ=と、女子で同2位の上地結衣(24)=エイベックス=が優勝し、ともに2020年東京パラリンピックの出場権を獲得した。五輪を含む20年東京大会で個人種目の日本代表に内定したのは初めて。国枝は5大会連続、上地は3大会連続のパラリンピック出場となる。

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1188文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです