メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

W杯組と若手「融合と戦術浸透」で完勝

【日本-パナマ】前半、ゴールを決める南野(右)=デンカビッグスワンスタジアムで2018年10月12日、宮武祐希撮影

 ○日本3-0パナマ●(12日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 競り合いながら粘った。前半42分、青山の縦パスを呼び込んだ南野は当たり負けせず前進し、ゴール左へ流し込んだ。力強い2試合連続ゴールが完勝への呼び水となった。

 W杯ロシア大会主力が6人復帰した中、森保監督が「融合」でまず手を打ったのは、前線の組み合わせだ。大迫、原口のW杯組に南野、伊東のコスタリカ戦で代表初ゴールを決めたばかりの若手組。連係で詰め切れない部分はあるが、大迫の献身的なポストプレーから南野、伊東が裏を狙う形は悪くなかった。

 先制は青山のパスカットから練習で繰り返してきた「縦」の意識が生き、南野は「イメージ通り。サバイバルの中で貢献したい気持ちがあった」。2点目は南野のシュートからこぼれ球を伊東が決めた。原口は「若く才能ある選手たちが取った。僕もやらないと」。主力に与えた刺激が、さらなる成長を生めば狙い通りの好循環だ。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです