メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

W杯組と若手「融合と戦術浸透」で完勝

【日本-パナマ】前半、ゴールを決める南野(右)=デンカビッグスワンスタジアムで2018年10月12日、宮武祐希撮影

 ○日本3-0パナマ●(12日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

 競り合いながら粘った。前半42分、青山の縦パスを呼び込んだ南野は当たり負けせず前進し、ゴール左へ流し込んだ。力強い2試合連続ゴールが完勝への呼び水となった。

 W杯ロシア大会主力が6人復帰した中、森保監督が「融合」でまず手を打ったのは、前線の組み合わせだ。大迫、原口のW杯組に南野、伊東のコスタリカ戦で代表初ゴールを決めたばかりの若手組。連係で詰め切れない部分はあるが、大迫の献身的なポストプレーから南野、伊東が裏を狙う形は悪くなかった。

 先制は青山のパスカットから練習で繰り返してきた「縦」の意識が生き、南野は「イメージ通り。サバイバル…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです