メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北の至宝

道内の文化財を訪ねて 目梨泊遺跡(枝幸町) 文化の接触と融合 オホーツク人の死生観 /北海道

 5~9世紀を前後する数百年間、北海道のオホーツク海沿岸を中心に、北はサハリン、東は千島列島にかけて海洋狩猟民・オホーツク人が独自の文化を展開した。中でも枝幸町の目梨泊(めなしどまり)遺跡は、8~9世紀の道北におけるオホーツク文化最大級の集落として知られる。50基を超える墓と出土品は、大陸をはじめ道央や本州との主要な交易拠点であったことを示すもので、奈良時代に本州で造られた蕨手刀(わらびてとう)などが国の重要文化財に指定されている。【本間浩昭】

 稚内からオホーツク海沿岸を約110キロ南下すると、竜が頭から海に沈んでいくように見える岬がある。ア…

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです