特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

盛岡大付8強入り 専大北上2回戦進出 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は13日、秋田市のこまちスタジアムなど2球場で開幕し、1、2回戦計4試合があった。県勢は、専大北上が秋田商(秋田)を終盤に突き放して6-1で降し、2回戦へ進出。盛岡大付は山形城北(山形)に8-2と快勝し、15日の準々決勝へ駒を進めた。

 14日は2球場で2回戦6試合を予定。県勢は、花巻東が昨年優勝の聖光学院(福島)と、専大北上が八戸学院光星(青森)とそれぞれ戦う。【日向米華】

中軸打者が活躍

 <さきがけ八橋球場>

 ▽1回戦

秋田商(秋田)

  000000100=1

  00011040×=6

専大北上

 (秋)板垣、長尾、京野、板垣、小林-佐藤翔

 (専)須藤-川村

▽三塁打 小野、佐藤(専)

▽二塁打 佐藤翔(秋)川村2、鈴木(専)

 専大北上が中軸打者の活躍で効果的に得点し、初戦を突破した。四回、4番・鈴木の二塁打を足がかりに1点を先制し、五回に3番・小野の三塁打、鈴木の中前適時打で1点を追加。七回には、1死二、三塁から5番・川村の2点適時二塁打を放つなど3長短打を絡めて4得点を挙げ、突き放した。先発・須藤は142球で完投。

序盤に大量得点

 <こまちスタジアム>

 ▽2回戦

盛岡大付

  051000020=8

  001000010=2

山形城北(山形)

 (盛)阿部、大久保、阿部-島上

 (山)押切、鏡-工藤大

▽二塁打 岡田、島上、塚本(盛)足達、加藤、深瀬(山)

 盛岡大付が序盤に大量得点し、流れをつかんで快勝した。二回、無死満塁で島上が2点適時二塁打を放つなど打者一巡で6安打を集めて5点先取。続く三回に小川の中前打などで1点を追加し、八回にも2点を加えて突き放した。打線はこの日15安打。先発したエース左腕・阿部は114球を投げ1失点、13奪三振と好投した。


 ■球詩

流れ呼んだ4番の一打 専大北上(1年) 鈴木健太一塁手

 0-0で迎えた四回裏、先頭で立った第2打席がチームに流れを呼んだ。甘く入った変化球を逃さず強振すると打球は右翼へ抜け、二塁打に。後続がつながり、先制のホームを踏んだ。

 左の強打者と期待され、1年生で4番を打つ。だが県大会はプレッシャーを感じることも多く、2回戦の久慈東戦では満塁の好機で凡退。準々決勝の千厩戦では相手投手の球威に押されて無安打に終わるなど、「思うような打撃ができなかった」。

 東北大会に向けて取り組んだのは、センターから左翼方向を意識し、変化球を引きつけて打つ練習だ。

 その努力が実を結んだのは五回と七回。五回は2死三塁で低めの変化球を中前に運ぶ適時打で2点目をもたらし、七回には左前打でチャンスを広げ、この回の猛攻につなげた。

 「確実性のあるバッティングで走者をしっかりと還し、4番の役割を果たしたい」。甲子園を見据え、気合を入れ直した。【日向米華】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい