特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

大崎中央、2回戦へ 青森山田に逆転サヨナラ /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は13日、秋田市のこまちスタジアムなど2球場で開幕し、1、2回戦計4試合があった。県勢の大崎中央は1回戦で青森山田(青森)と対戦。九回裏に3点を入れ、4-3で逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 同スタジアムで行われた開会式では、昨年優勝の聖光学院(福島)を先頭に18校の選手たちが堂々と行進。秋田修英(秋田)の亀卦川(きけがわ)祥太主将(2年)が「全ての方々に感謝と感動を届け、今を全力で一生懸命戦うことを誓います」と選手宣誓した。

 14日は2回戦6試合があり、県勢の仙台育英は福島商(福島)と、古川は弘前東(青森)と、大崎中央は秋田修英と対戦する。【滝沢一誠】

1死満塁で適時打

 <こまちスタジアム>

 ▽1回戦

青森山田(青森)

  200000001=3

  000010003=4

大崎中央

 (青)堀田-工藤黎

 (大)氏家-五十嵐

▽二塁打 山口(大)

 大崎中央は2点を追う九回裏、山根の進塁打と敵失で同点に追い付くと、1死満塁の場面で荒井が右前適時打を放ち、サヨナラ勝ちを収めた。青森山田は先発の堀田が12奪三振と好投したが、終盤で相手打線に捕まった。


試合楽しみ、念願の初勝利 大崎中央・荒井拓馬主将(2年)

 九回裏1死満塁、一打逆転の場面で、大崎中央の主将が打席に立った。内角の甘めに入った球を打ち返したが、打球は二塁手の方向に詰まったように見えた。「抜けてくれ」。打球は右前に落ち、勝ち越しの走者が生還。劇的な逆転勝利に仲間がベンチから駆け出した。チームにとって2回目の秋季東北大会で、念願の初勝利を手にした。

 野球帽のつばに「試合を楽しむ」と書いているが、次第に「結果ばかりを追い求めて(試合を)楽しめなくなった」と振り返る。しかし、甲子園常連校を相手にプレーする中で「大きい球場で最高の仲間と野球ができる」という試合の楽しさに再び気付いた。

 県大会では打撃が伸び悩み、チームメートに「県大会で(打てずに)ためた分を東北大会で返してやる」と宣言。平石朋浩監督からも「お前は勝負どころで打てる。自信を持て」と激励を受け、終わってみれば4打数3安打1打点の活躍を見せることができた。

 次戦は秋田県大会で優勝し、秋季東北大会は初出場の秋田修英と対戦する。勢いに乗るチームが相手だが、「今までやってきた通り、守備でリズムをつくって粘り強く勝つ」と意気込んだ。【滝沢一誠】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする