特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季東北地区高校野球大会

酒田南、延長制し8強 山形城北は敗退 /山形

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高校野球連盟主催、毎日新聞秋田支局など後援)は13日、秋田市で開幕し、こまちスタジアムとさきがけ八橋球場で1、2回戦計4試合を行った。県勢は県大会優勝の酒田南が初戦の2回戦で日大東北(福島2位)を延長十二回の末、4-1で振り切り、8強に進出。県3位の山形城北は盛岡大付(岩手1位)に2-8で敗れた。14日はさきがけ八橋球場で午後1時半から、県準優勝の羽黒が横手(秋田2位)と対戦する。【日高七海、北山夏帆】

鏡、好救援実らず

 <こまちスタジアム>

 ▽2回戦

盛岡大付(岩手)

  051000020=8

  001000010=2

山形城北(山形)

 (盛)阿部、大久保、阿部-島上

 (山)押切、鏡-工藤大

▽二塁打 岡田、島上、塚本(盛)足達、加藤、深瀬(山)

 盛岡大付が序盤の大量点で快勝。二回に島上の2点二塁打など6安打を集めて5点を先取し、先発・阿部は13奪三振と好投した。山形城北は先発・押切が二回途中で降板。救援の鏡は踏ん張り、打線も三回に足達、八回に深瀬が適時二塁打を放ったが届かなかった。

直球狙いで二塁打

 ○…1-8で迎えた八回の攻撃も2死無走者。あとアウト一つでコールド負けの危機に、山形城北が意地の1点をもぎ取った。この場面から救援した盛岡大付・大久保の投球練習を見た金子と深瀬は「真っすぐ打てるぞ」と感じた。言葉通り、金子は直球を捉えて出塁。深瀬も「ここで終わらせない」と、初球の真ん中低めの直球を左翼線に運ぶ適時二塁打で金子を還した。この日4打席目で初安打とした深瀬は「ようやく力になれてホッとした。春には、どんな球も打てる選手になる」と誓って球場を去った。

渡辺1失点完投

 <さきがけ八橋球場>

 ▽2回戦

酒田南(山形)

  001000000003=4

  000000001000=1

日大東北(福島)

 (延長十二回)

 (酒)渡辺-真砂

 (日)磯上-弓田

▽二塁打 伊藤琉、毛利(酒)富樫(日)

 酒田南が投手戦を制した。渡辺は六回2死まで被安打0と好投し、12回を1失点完投。打線は同点の延長十二回2死満塁から吉嶋の左前適時打と敵失で3点を勝ち越した。日大東北は九回に富樫の適時二塁打で追いつき、先発・磯上も粘ったが守備の乱れが響いた。


 ■球詩

エース番号の自負 酒田南(2年) 渡辺拓海投手

 1点リードの九回、「相手の『打つ』という気持ちが勝ってしまった」と受け身になった。安打と暴投、二塁打で同点に。なおも2死二、三塁のピンチは、辛くも遊飛で切り抜けた。その後は「(味方の)打者を信じて投げるだけ」と平静を取り戻し、安打を許さなかった。味方に3点の援護をもらった延長十二回は、「エース番号を背負っている」との自負を込めた163球目で最後は三振を奪い、勝利をつかんだ。

 191センチ、113キロの堂々たる体格から投げ下ろし、六回2死まで安打を許さない快投を演じた。捕手の真砂は「直球が速く、チームの大黒柱」と信頼する。鈴木監督は「(九回に)サヨナラで負けてもおかしくない場面でも崩れず、成長が見えた」と振り返った。

 次の相手は甲子園常連の盛岡大付。試合中に気持ちが揺らいだ初戦を踏まえ、「打撃が強い印象がある。低めを心掛け、謙虚に27アウトを取りたい」と語った。【日高七海】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする