特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季北信越地区高校野球大会

日本文理、準々決勝へ 県勢3校は1回戦敗退 /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第139回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)は13日、新潟市のハードオフエコスタジアムなど3球場で1回戦8試合があり、日本文理(新潟1位)▽上田西(長野1位)▽松本第一(長野2位)▽東海大諏訪(長野3位)▽星稜(石川1位)▽遊学館(石川2位)▽福井工大福井(福井1位)▽啓新(福井3位)の8校が準々決勝へと駒を進めた。

 準々決勝4試合は14日に同球場など2球場で行われ、日本文理と東海大諏訪、啓新と遊学館、福井工大福井と上田西、星稜と松本第一がそれぞれ対戦する。【北村秀徳、堀祐馬】

先発・南が好投

 <三条パールスタジアム>

 ▽1回戦

小松商(石川3位)

  00000=0

  03025=10

日本文理(新潟1位)

 (五回コールド)

 (小)北、塚本、寺瀬-宮吉

 (日)南-佐藤▽三塁打 佐藤、中田(日)

▽二塁打 小林未2、長谷川(日)

 日本文理が圧倒した。二回に佐藤の右越え三塁打などで3点を先取し、五回には4長短打を集中して5点を挙げてコールド勝ちを決めた。先発・南は走者を一人も許さない好投だった。小松商は投打に波に乗れなかった。

打線が沈黙

 <長岡・悠久山>

 ▽1回戦

新潟南(新潟2位)

  0010000=1

  011600×=8

遊学館(石川2位)

 (七回コールド)

 (新)星野、伊藤-岩渕

 (遊)岡田、布施-橋場

▽本塁打 佐藤(遊)

▽二塁打 沢井(遊)

 遊学館は1点リードの四回、佐藤の場外2点本塁打などで一挙6点を挙げるビッグイニングを作り、相手を引き離した。新潟南は三回に田巻の遊撃手への鋭い当たりが失策を誘い1点を奪ったが、以降は打線が沈黙した。

エース力投も

 <新潟・ハードオフ>

 ▽1回戦

星稜(石川1位)

  0405000=9

  0000000=0

関根学園(新潟3位)

 (七回コールド)

 (星)奥川、荻原、寺西-山瀬

 (関)碓井-吉原、川井

▽二塁打 有松、福本(星)

 星稜は二回、有松の右前適時二塁打で先制すると、一挙4得点。四回にも打者一巡の猛攻で5点を追加し計11安打でコールド勝ちした。関根学園はエース碓井が七回を力投したが踏ん張り切れなかった。

あと一本が出ず

 ▽同

帝京長岡(新潟4位)

  0000000=0

  005022×=9

上田西(長野1位)

 (七回コールド)

 (帝)塚田-寺本

 (上)阿部、山口、石坂、宮尾-宮坂

▽三塁打 一ノ瀬、斎藤(上)

▽二塁打 中村(帝)宮坂、一ノ瀬、高寺(上)

 上田西は三回裏、高寺、一ノ瀬、宮坂の連続安打などで一挙5得点。五、六回にも各2点を加えコールド勝ちした。帝京長岡は得点圏まで度々走者を進めたが、あと一本が出なかった。


 ■白球譜

鍛錬し「本当のエース」に 関根学園(2年)碓井蓮斗投手

 五回表、9点差で2死二、三塁。あわやコールドの場面で、関根学園のエースが粘りを見せた。「ここで抑えないと終わってしまう、何が何でも守る」。星稜の5番・奥川(2年)との勝負を冷静に避け、敬遠を選ぶと、続く山瀬(同)を三振に。辛くもピンチを切り抜けた。

 「味方のエラーもカバーするのが本当のエース」。そんな心持ちで夏から新チームを引っ張ってきた。しかしこの日は球筋が要所で乱れ、二回、四回とビッグイニングを作らせてしまった。「強豪(星稜)の雰囲気にのまれましたね」。悔しそうに声を落とした。

 しかし七回を投げ切って、得意のスライダーには手応えを得た。隠し球として練習してきた、外角にシュート気味に入る直球も、満足のいく出来だったと自負している。今後更なる鍛錬を重ね、「本当のエース」の姿に近づいてみせると誓って球場を後にした。【北村秀徳】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする