秋の夜祭り

境内彩る“文化祭”復活 あす傘踊り奉納 宮津・和貴宮神社 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
和貴宮神社で舞を奉納する子どもたち。秋祭りは芸能を発表する舞台だ=京都府宮津市宮本で2014年、安部拓輝撮影
和貴宮神社で舞を奉納する子どもたち。秋祭りは芸能を発表する舞台だ=京都府宮津市宮本で2014年、安部拓輝撮影

 神社を舞台に芸術の秋--。宮津市の中心部にある和貴宮神社(同市宮本)で15日、秋の夜祭りが営まれる。江戸時代には境内で子どもたちの芸能が数多く催され、戦後しばらくは菊・盆栽が並ぶ“文化祭”の体だったとういうこの祭り。芸の上達を祈る日にしようと、今年は小学生の女の子の傘踊りなどを奉納する他、市内4店が限定スイーツも販売。芸と食の夜祭りにしようと試みている。【安部拓輝】

 神社に近い同市万町には文化人が多く、舞踊や生け花、楽器などをたしなむ家が集まっていたという。秋祭りは芸の発表の場で、江戸後期の式次第には稚児の舞や雅楽奉納の記録が残っている。にぎわう秋祭りを再興しようと動き出したのは4年前。小学生の女の子による巫女(みこ)舞や傘踊りの奉納を始めた。評判が広がり、離れた地区からも「祭りに出てみたい」と男女14人が集まった。

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文624文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集