ドキュメンタリー映画

京都で路上生活、若者描く 独監督作品、左京で27日上映会 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 理想の社会を心に抱き、京都の路上で暮らす若者の姿を描いたドキュメンタリー映画「A Free Man 自由人」(2017年、75分)の上映会が27日午後7時から、ドイツの公的文化機関「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」(京都市左京区)である。ドイツ人のアンドレアス・ハルトマン監督が、ヴィラ鴨川に滞在中の14年、京都市中心街を流れる鴨川の三…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集