メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県福祉事業団福祉セミナー

障害者と共生社会実現を リオ・パラ陸上銅の芦田選手ら講演 田辺で来月3日 /和歌山

 2016年リオパラリンピック陸上の銅メダリスト、芦田創(はじむ)選手らの講演を通じ、障害者の芸術や文化、スポーツ活動を通じた共生社会の実現を考える「第13回県福祉事業団福祉セミナー」(毎日新聞和歌山支局後援)が11月3日午後1時から、田辺市新庄町の県立情報交流センター「ビッグ・ユー」で開かれる。

 芦田選手は、リオパラリンピック男子400メートルリレーで銅メダルを獲得し、走り幅跳び(切断などT47)の自己記…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです