メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県福祉事業団福祉セミナー

障害者と共生社会実現を リオ・パラ陸上銅の芦田選手ら講演 田辺で来月3日 /和歌山

 2016年リオパラリンピック陸上の銅メダリスト、芦田創(はじむ)選手らの講演を通じ、障害者の芸術や文化、スポーツ活動を通じた共生社会の実現を考える「第13回県福祉事業団福祉セミナー」(毎日新聞和歌山支局後援)が11月3日午後1時から、田辺市新庄町の県立情報交流センター「ビッグ・ユー」で開かれる。

 芦田選手は、リオパラリンピック男子400メートルリレーで銅メダルを獲得し、走り幅跳び(切断などT47)の自己記…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです