特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 徳島商と川島、決勝へ きょう激突 3位決定戦は富岡西と池田 /徳島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【徳島商-富岡西】五回表徳島商二死満塁、西森が左前打を放ち先制=徳島県鳴門市撫養町のオロナミンC球場で、岩本桜撮影 拡大
【徳島商-富岡西】五回表徳島商二死満塁、西森が左前打を放ち先制=徳島県鳴門市撫養町のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

 第71回県高校野球秋季大会(県高野連主催)は13日、オロナミンC球場(鳴門市)で準決勝2試合があった。徳島商と川島が決勝に進み、来春のセンバツ出場校を選ぶ参考資料となる秋季四国地区高校野球大会(香川県)への出場を決めた。

 決勝は14日午後1時試合開始。決勝に先立ち、3位決定戦が午前10時から、いずれも同球場で行われる。3位決定戦では富岡西と池田が、四国大会への出場をかけて対戦する。【岩本桜】

 ▽準決勝

徳島商

  0000200001=3

  0000000200=2

富岡西

 (延長十回)

 (徳)村田-山本

 (富)浮橋-中西

▽二塁打 石上、三宅(徳)

 徳島商が集中力を切らさず勝利した。五回西森の左前打で先制。延長十回には三宅の中越え二塁打の後、山本の中前打で勝ち越し逃げ切った。主戦村田は6奪三振と好投。富岡西は八回、同点に追いつき意地を見せた。

川島

  003000300=6

  000001100=2

池田

 (川)細谷-浪越

 (池)白川-小角

▽二塁打 三木、細谷(川)小松(池)

 川島が着実に加点し快勝。三回、蔵山の中前打で先制し、三木の左中間二塁打などでこの回3点。七回は細谷の左越え二塁打や敵失で点差を広げた。右腕細谷も2失点完投と好投。池田は序盤の好機を生かせなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする