リーチサイト

規制へ 海賊版誘導、運営者らに罰則 著作権法改正

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
リーチサイトの仕組み
リーチサイトの仕組み

 文化庁は、漫画や映画などの海賊版サイトにインターネット利用者を誘導する「リーチサイト」を規制するため、著作権法を改正する方針を固めた。リーチサイトにリンク(URL)を張る行為は、これまで違法ではないと解釈されていたが、これを著作権の侵害行為とみなし、著作権者が掲載の差し止め請求をできるようにするほか、提供者らに対する罰則規定を設ける。来年の通常国会に同法改正案の提出を目指す。【伊澤拓也】

 文化庁長官の諮問機関・文化審議会の小委員会がリーチサイトの対応を議論しており、9月に論点整理案をまとめた。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1461文字)

あわせて読みたい

注目の特集