メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

東電強制起訴 16日から被告人質問 旧経営陣の津波認識は 調書「経営優先で対策保留」

3被告の認否(昨年6月の初公判で)

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久元会長(78)▽武黒一郎元副社長(72)▽武藤栄元副社長(68)の公判は16日に、東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まり、最大のヤマ場を迎える。今月3日まで約8カ月にわたって行われた証人尋問では、旧経営陣による津波対策の「先送り」の是非などを巡ってさまざまな評価や証言が出ており、無罪を主張する3被告の説明が注目される。【岡田英、蒔田備憲】

 「中越沖地震(2007年)で柏崎刈羽原発が停止して経営が悪化しており、さらに福島第1も止まるのはなんとか避けたかった」。9月5日の第24回公判。東電の地震津波対策部門トップの元幹部が検察に供述した調書が朗読された。

この記事は有料記事です。

残り2219文字(全文2542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです