太陽光発電

買い取り減額へ 経産省、未発電業者の撤退など促す 国民負担抑制を図る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
太陽光の買い取り価格と各年度に認定を受けた業者の稼働状況
太陽光の買い取り価格と各年度に認定を受けた業者の稼働状況

 経済産業省は太陽光発電の「固定価格買い取り制度(FIT)」の導入当初に高い価格での買い取り認定を受けながら、未稼働のままになっている一部の発電業者に対し、買い取り価格を引き下げる方針を固めた。発電の見込みのない業者の撤退などを促すとともに、国民負担の増大を防ぐのが狙い。週明け15日に開く同省の審議会で提案する。【和田憲二】

 FITで認定を受けた業者は、実際に発電を開始してから最長で20年間、認定時点の価格で買い取ってもらうことができる。2012年度認定分の価格は事業用で1キロワット時当たり40円だったが、中国製の安価な太陽光パネルの普及など発電コスト低下を反映して18年度は18円と半分以下になった。未稼働業者の中には発電コストが下がるのを待ってから発電を開始したり、権利を他業者に売却したりして高収益を上げる思惑もあ…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1167文字)

あわせて読みたい

ニュース特集