メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ライオン バファリン CM通じ全国区に

バファリン=ライオン提供

 「頭痛にバファリン」のキャッチフレーズで知られる鎮痛薬。米製薬大手のブリストル・マイヤーズ(現ブリストル・マイヤーズスクイブ=BMS)が1948年に商品化し、日本ではライオンが63年から販売している。

 きっかけは、のちに社長、会長を務める創業家出身の故小林敦氏の米国留学。ビジネススクールで商品開発やマーケティングに優れたマイヤーズ社に注目し、研究テーマに選んだ。帰国後、提携交渉に臨み、62年に販売権を獲得した。

 64年の東京五輪を前に、カラーテレビが爆発的に普及してきた。当時の医薬品は、薬剤師が処方した薬をそ…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文608文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  2. 特集ワイド 「れいわ新選組」旗揚げ2カ月、寄付金2億円突破 「ポピュリストで結構」 消費税廃止、野党に亀裂も
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです