メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

困窮者に寄り添い20年(その2止) SOSから解法探る

経済的に困窮し、孤立している人を支援する「生活困窮者自立支援全国ネットワーク」のメンバーと意見交換する生水さん(中央左)=東京都渋谷区で2018年7月16日、丸山博撮影

 

 ◆滋賀発 生活相談、国動かす

困窮者の孤立防げ

 元来「突き詰める」タイプだ。

 滋賀県野洲(やす)市の市民生活相談課長、生水(しょうず)裕美さん(56)は専業主婦だった30年前、自宅マンションを買った際に抱いた不動産業者への不信感から、独学で宅地建物取引士(宅建)と消費生活アドバイザーの資格を取った。「法律の面白さに驚きました。ここまで細かくルールを決めないと、人は生活できないのかと」

 子育てが一段落した1999年、旧野洲町の消費生活相談員に採用され、人口4万人の町で、週3日勤務の公…

この記事は有料記事です。

残り4724文字(全文4969文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです