メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

伊能忠敬に学ぶ 地元の偉人、伝える喜び

小野川のほとりにたたずむ伊能忠敬の旧宅(手前)=香取市佐原で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 伊能忠敬(1745~1818年)の測量隊の一行は約17年かけて全国を歩き、その距離は地球一周を超える約4万3707キロにのぼった。事業家として活躍したゆかりの地やデジタル空間には、忠敬の偉業が息づいている。

 ●91歳のガイド奮闘

 忠敬が事業家として前半生を送った佐原(現千葉県香取市)は「北総の小江戸」と呼ばれ、小野川沿いに江戸時代の町並みが残る。東京駅からJRで約2時間。佐原駅を降りると、5月に完成した忠敬の銅像が迎える。年間約60万人が訪れる佐原の観光振興の一翼を、地元のNPO法人「小野川と佐原の町並みを考える会」が担う。

 同会副理事長の吉田昌司さんは、91歳の今も現役のボランティアガイド。ボランティアたちは赤い洋館の「…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです