メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
セカンドステージ

伊能忠敬に学ぶ 地元の偉人、伝える喜び

小野川のほとりにたたずむ伊能忠敬の旧宅(手前)=香取市佐原で

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 伊能忠敬(1745~1818年)の測量隊の一行は約17年かけて全国を歩き、その距離は地球一周を超える約4万3707キロにのぼった。事業家として活躍したゆかりの地やデジタル空間には、忠敬の偉業が息づいている。

 ●91歳のガイド奮闘

 忠敬が事業家として前半生を送った佐原(現千葉県香取市)は「北総の小江戸」と呼ばれ、小野川沿いに江戸時代の町並みが残る。東京駅からJRで約2時間。佐原駅を降りると、5月に完成した忠敬の銅像が迎える。年間約60万人が訪れる佐原の観光振興の一翼を、地元のNPO法人「小野川と佐原の町並みを考える会」が担う。

 同会副理事長の吉田昌司さんは、91歳の今も現役のボランティアガイド。ボランティアたちは赤い洋館の「…

この記事は有料記事です。

残り1811文字(全文2156文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 参院選後に官邸でデキ婚発表 某方面の都合に乗っかるテレビ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 立花N国党首vs高須院長が「ニコ生」で大激論 爆問・太田に飛び火も(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです