メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

将棋 順位戦B級2組 激戦区の昇級争い 中村王座、永瀬七段が4戦全勝

 <第77期順位戦B級2組の対戦より>

 今期のB級2組はタイトルホルダーの中村太地王座に、丸山忠久九段(前期B1から陥落)、藤井猛九段、中村修九段のタイトル経験者、そして若手棋士がひしめく激戦区だ。9月26日に行われた4回戦から、昇級争いの2局を紹介する。

 まずは永瀬拓矢七段(26)-千田翔太六段(24)の全勝対決。2人ともC1から昇級してB2初参戦で、連続昇級を狙う。

 千田が大流行させた角換わり腰掛け銀の4八金-2九飛型に両者とも組み上げ、先手の千田が猛攻する。だが永瀬は巧みにしのいで第1図(便宜上先後逆)に。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点 衆院予算委 野党「景気重点」やり玉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/1 料理の味は思い出とともに

  5. 視聴室 美女と焼肉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです