メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来 上・下』=ユヴァル・ノア・ハラリ著

 ◆ユヴァル・ノア・ハラリ著、柴田裕之・訳

 (河出書房新社 各2052円)

新しいタイプの預言者の出現か

 預言者らしき人が登場するのは、平穏な時代ではないだろう。なにも内乱や戦争ばかりではなく心の穏やかさが感じられないのだ。それも千差万別だろうが、そう感じる人々がかなり多いにちがいない。

 著者Y・N・ハラリはヨーロッパ中世史・軍事史を専攻し、イスラエルのヘブライ大学で教鞭(きょうべん)をとる少壮の歴史家である。なによりも前作『サピエンス全史』で一世を風靡(ふうび)したので記憶に新しい。

 これまで人類は飢饉(ききん)、疫病、戦争に悩まされてきた。だが、20世紀末には、飢饉よりも肥満で死…

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2114文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです