メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『昭和の怪物 七つの謎』=保阪正康・著

 (講談社現代新書・950円)

 昭和史研究の第一人者が40年以上かけて取材した延べ4000人近くの中から印象的な人物を振り返った。東條英機の妻と秘書官。あるいは2・26事件で暗殺された渡辺錠太郎・陸軍教育総監の娘。5・15事件の犬養毅の孫。瀬島龍三……。当事者本人もしくは近くにいた人々の証言から、歴史の闇に光を当てる。学界の論文にはない臨場感があり、昭和史の入門書として頼りになる。

 特に注目すべきは陸軍の石原莞爾だろう。中国東北部を日本の植民地とする政策をリードした人物だ。その中…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. ORICON NEWS 顔面やけどのGLAY・TERU、イベント欠席をメンバーイジる 本人は謝罪の手紙も…
  3. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師に捧げる初優勝
  5. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです