メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

阪神3-2中日 中日・岩瀬、荒木が笑顔で幕引き

【中日-阪神】九回にマウンドに上がった中日の岩瀬(左)に声をかける荒木=ナゴヤドームで2018年10月13日、大西岳彦撮影

 (25)ナゴヤドーム(中日14勝11敗)

阪神 01000000101=3

中日 10001000000=2

 (延長11回)

 <勝>藤川  5勝3敗2S  登板53

 <S>ドリス 1勝7敗32S 登板55

 <敗>祖父江 2勝2敗    登板51

 阪神が延長戦を制して今季最終戦を白星で飾った。1点差の九回1死一、三塁、大山の二盗が敵失を誘って同点。十一回2死二塁から中谷が左前へ決勝の適時打を放った。中日は七回1死満塁での併殺など、打線が終盤に決め手を欠いた。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文624文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです