ALS

治療に光 パーキンソン病薬、iPS細胞で効果確認 慶大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全身の筋力が徐々に低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬として、パーキンソン病で用いられている錠剤「レキップ」(ロピニロール塩酸塩)が使える可能性が高いと、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)が13日、東京都内の医療シンポジウムで明らかにした。患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集