メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

プレミアリーグ 世界王者・荒賀が敗退 男子84キロ級

 空手の国際大会「プレミアリーグ」の今季最終戦、東京大会第2日は13日、東京武道館で男女の組手5階級などの準決勝までが行われた。女子組手は68キロ超級で2016年世界選手権優勝の植草歩(JAL)が決勝進出。男子組手84キロ級の嶋田力斗(京産大)、84キロ超級の香川幸允(テアトルアカデミー)が決勝に進んだが、84キロ級で16年世界選手権覇者の荒賀龍太郎(荒賀道場)は準々決勝で敗退。

 男子形は世界選手権2連覇の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が決勝に。14日に全種目の決勝が行われる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです