メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空トンネル

日の目?橋補完、第2のルート 30年前から要望 台風孤立で再燃、巨費ネック

大阪府泉南市など地元自治体が要望する南ルートのイメージ図=関西国際空港連絡南ルート等早期実現期成会提供

 関西国際空港と対岸を海底トンネルで結ぶ「第2のルート」整備計画が日の目を見るかもしれない。9月の台風の影響で連絡橋が破損し、利用客らが一時孤立。周辺自治体はこの事態を懸念し、30年以上前から整備を求めてきた。巨額の資金がネックで計画は動かなかったが、懸念が現実になり、リスク管理や関西経済への側面からも首長らは来月、国土交通省や総務省に構想推進を直談判する。

 海上に人工島を造成し1994年に開港した関空。計画段階では、対岸の大阪府泉佐野市、泉南市、田尻町が…

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. サッカー、アギーレ元監督に無罪 八百長疑惑で日本代表監督解任

  3. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  4. 「話がしたかった」新幹線車掌、同僚女性をグリーン車に無賃乗車させる JR西、2人を処分

  5. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです