メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

現在の柴犬の祖先が…

設置された石号の案内板=島根県益田市美都町板井川で2018年10月10日、竹内之浩撮影

 現在の柴犬(しばいぬ)の祖先が島根県益田市美都(みと)町の二川(ふたかわ)地区で生まれた猟犬だったとして、地元の住民団体が飼い主宅付近に説明板を立て、「柴犬の聖地」とPRしている。

 日本犬保存会によると、全国の柴犬の血統をたどると1930年生まれの雄の「石(いし)号」に行き着く。昨年、県内の市民団…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです