メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラムサール条約

世界の湿地35%消滅 半世紀で

美しい色の海に囲まれた慶良間諸島の島々=沖縄県・慶良間諸島で2014年5月、本社機「希望」から武市公孝撮影

 国際的に重要な湿地の保全を目的としたラムサール条約の事務局は、1970~2015年の約半世紀に世界の湿地の35%が消滅したとする報告書を発表した。地球温暖化や人口増、都市化が主な原因と指摘。森林の3倍のスピードで消滅が進み、00年から一層加速しているとした。

 世界の湿地の現状について、条約事務局による包括的な報告書は初めて。ウレゴ事務局長は「生態系にとり重要な湿地が危機にひんしている。各国政府や関係機関が協力、保護に乗り出す必要がある」と強調している。

 報告書によると、世界には1210万平方キロの湿地があり、うちアジアが32%を占める。その他、北米に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです