メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

高度25mまで降下し確認 2回目リハに挑む

探査機はやぶさ2の着陸を来年1月以降に延期することを発表する津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央)ら=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年10月11日、永山悦子撮影

 高度50メートルよりもっと下へ--。探査機「はやぶさ2」が14日から、小惑星リュウグウへの着陸に向けた2回目のリハーサルに挑む。リュウグウ表面がデコボコだらけのため、慎重を期して最初の着陸を来年1月以降へ延期することになり、今回と今月下旬の2度のリハーサルで低高度における探査機のふるまいを詳細に確認する。津田雄一・プロジェクトマネジャーは11日の記者会見で、「チームとしては一度立ち止まり、リハーサルで課題をすべて確認したうえで長考する時間が必要だと考えた。リュウグウのデコボコに対処するため、考える時間を確保し、着実に進めたい」と話した。【永山悦子】

この記事は有料記事です。

残り2242文字(全文2520文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです