メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慶応大

ALS治療薬、パーキンソン病錠剤が使える可能性

 全身の筋力が徐々に低下する難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」の治療薬として、パーキンソン病で用いられている錠剤「レキップ」(ロピニロール塩酸塩)が使える可能性が高いと、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが13日、東京都内であった医療シンポジウムで明らかにした。患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、効果を確認したという。

 ALSは、脊髄(せきずい)にある運動神経の細胞が少しずつ死んで起き、進行すると呼吸も難しくなる。国…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです